ジオマンシー

こんにちは、占い師のたつみ紗梨です。

ジオマンシーという占いをご存知ですか?

ジオマンシーって?

ジオは大地・地球
マンシーは占い

つまり、大地=土や砂・石を使った占いのことです。
これらをざっと手でつかんで、地面に投げます。

バラバラっと散らばってできた形で、吉凶を占います。

『中東アラブに伝わる最古の占い』なんていうキャッチコピーがつけられています。

どうやって占うの?

前述のとおり、地面の土や石を掴んで地面に投げる方法か、地面に木の枝などでポツポツと点を打つなどしていたそうです。
中東からヨーロッパに伝わってからは、地面にポツポツ点を打つのではなく、紙とペンを用いたそうです。

(貴族のご婦人がドレス姿で地面にしゃがむわけないわな・・・)

点をとにかく無心でランダムに打ちます。
そりゃあもう無心で。

ひたすら無心でペンを紙に打ち付けます。

それを4回繰り返し。

点と点を、線で結びます。
ペアを作るイメージで。

最後に点がひとつ余ったら、奇数。
点が余らず、全てペアになったら、偶数ですよね。

この、奇数と偶数 4つの組み合わせで、16通りのシンボルが出ます。

・・・そう、16通りしかシンボルがないのです!!!!←力説

だから、誰でも簡単に覚えてすぐに占えるようになります。

 

紗梨は、ジオマンシーという名前の通り、大地に関連したものを使いたいというこだわりがあるので、天然石の小さなさざれ石を使います。

どんなシンボルがあるの?

ジオマンシーのシンボルは全部で16種類。

・・・・・・ちょっと頑張ってエクセルに星を打ち込んでみました。

これら16種類のシンボルには、それぞれ

名前
意味
対応元素
星座
流動or安定
吉or凶
場所
からだの部位
開運ポイント

が、割り当てられています。
簡単な吉凶占いやイエスノー占いはもちろん、

「彼の気持ち」←シンボル出す
「私の気持ち」←シンボル出す
2つのシンボルを横に並べて、偶数奇数を改めて出して
「今後の展開」

・・・なんて占いも可能です。
ご興味のある方は、いつでも紗梨にお問合せください。
1日でカンペ片手に占えるように、講座にてお教えします。

どのくらい当たるの?

とても単純でとてもシンプル。
シンボルだってたったの16通りしかない。

いたって地味。
いたって原始的。

なのになくならない。
何故って、面白いくらい当たるから。

紗梨が知っている占い師の先生がたも、とてもよく当たると仰る。
自分のことを占うのにも良く使ってらっしゃるようです。
よくないシンボルが出たらとっとと店じまいをするとか、便利に使えます。

 

実例

今日の運勢
夫を占ったら、「プエラ(少女)」が出ました。
えー、オッサンに少女・・・・・・?

と思いつつ、一生懸命考える。

「少女・・・少女・・・かわいいもの、着飾ったりおしゃれをしたり・・・・・・」
「よっしゃ分かった、なっちゃん(ナツメ=犬のこと)の洋服を買いに行こう!」

結果、イオンのペットコーナーへ行ったら洋服のみ半額で、複数枚買えました。

 

仕事の依頼
紗梨の占いの先生に、えらくビッグな仕事の打診があった時。
「受かる気がしない~」と仰るので、占ってみたらトリステシャ(悲しみ)が出ました。

トリステシャは「悲しみ」という名前の通り、吉凶でいうと凶。
16種類あるシンボルの中で、最も残念なシンボルと言われております。

ただし、面白いのはこのトリステシャ。
建築・防衛・占いに関してのみ「吉」となる特殊なシンボル。

そのため、
「この仕事決まりますよ~」
と伝える。

結果、先生に依頼が来ました。
そして、このせいかどうかは知りませんが、先生もジオマンシーを勉強するという展開に。

こんな人におすすめ

占いをやってみたい
簡単にできる占いが知りたい
どっちにしよう、と迷うことがよくある
自分が選ぶのはいつも悪い選択肢ばかり
自分で運勢を知って、開運したい

簡単シンプル、なのに当たるジオマンシー。
一緒にやってみませんか?